コンサルタントで起業をする方法1


定年退職後にコンサルタントで起業をする方法についてお伝えします。

なぜ、定年起業は、コンサルタントなのか?

コンサルタントは、初期費用が少なく、在庫を持つ必要もなく、そえゆえ資金繰りの心配も少ないです。そのうえ、先生と呼ばれることにあり、自分のプライドも満たされます。

理想の職業であり、理想の起業のスタイルです。

そのせいか、ネットを検索してみると、コンサルタントで起業をしたいとの退職者が沢山いらっしゃいました。また、定年退職の前に起業の準備をしている方の中にも、コンサルタントで起業をしたいとの方がたくさんいました。

これらの定年起業希望者の採用しているモデルの多くを拝見したところ共通点がありました。
その共通点は、概ね以下のようなものであり、以下の様なステップを踏むとのものでした。

  1. まず、自分自身にしっかりと向き合い、自分の隠れた興味や強みを掘り起こす。
  2. 掘り起こした興味や強みの専門家との地位を築き、専門家として自分をブランディングする。
  3. 次に、専門家としての情報発信をインターネットで公開することで、オンラインで(インターネットで)見込み客を集める。
  4. そして、集めた見込み客にセールスをかけ、一気にクロージングして売上を立てる。
  5. これでお金の心配がなくなり、あとは「身の丈起業」を気取りビジネスの拡大はせず、生活と仕事とのバランスをとりつつ楽しく暮らし、第2の人生を楽しみ余生を送る。

まさに、理想の起業スタイルです。
定年後に起業をするやり方として完璧であり、全く隙がないように思います。

けれども、個々のケースを詳細に調べてみると、なぜか上手く行っている起業家は少ないようです。

なぜ、上手くいかないのか?
プラン、モデルの何処に問題があるか?

これらを考え、検討をすることは興味深いことです。
けれども、問題点を指摘するだけでは、単なる揚げ足取りです。
これでは問題が解決しません。

このため、定年後にコンサルタントとして起業をする具体的な方法を貴方に提案できるように、検討してみることにしました。

簡単で、資金がなくても始められ、失敗のリスクがない方法が提案できれば最高です。
はたして、そのような起業の方法があるのでしょうか?

コンサルタントとして起業する方法 その2へ続く